ごあいさつ
  園の紹介
  園の生活
  保育だより
 
 園歌
 幼稚園 Q&A
 アクセス
 
  園児募集情報
  子育て支援
 ママ&パパの声
 
  リンク
〒215-0011
神奈川県川崎市
麻生区百合丘 1-12
TEL/FAX 044-954-4665
めぐみ 5

主題 気づく
聖句 わたしはあなたの名を呼んだ。あなたはわたしのもの。 (イザヤ 43:1)

 今月の聖句は、イエス様のご降誕の数百年前に、神様が預言者イザヤを通してイスラエルの民に語られた言葉です。この時、イスラエルの民は神様に対する罪の裁きとしてバビロンへ捕囚されようとしていました。自分たちは神様の選ばれた民のはずなのに、神様は自分たちをお忘れになったのか、自分たちは初めから神様の民ではなかったのか、自分たちは一体何者なのかと恐れの中にいました。そこで神様は励まされました。「天や地を造ったように私はあなたたち造り、エジプトの束縛から贖い、子を名づけるようにあなたをイスラエルと名づけた。あなたはわたしのものだ。」そして、どんな時でも共におられると励ましました(2)。その後も、神はイエス様にあって「牧者(神様)は自分の羊たちを、それぞれ名を呼んで連れ出します」と語られました(ヨハネ10:3)。
 新型コロナウィルスの影響が続く中、恐れと不安の中で過ごされている方も多いでしょう。また、人間社会がこのように根底から揺さぶられることを経験し、人として自分は一体何者なのだろうと痛感している方もおられるかもしれません。私たち人は、生まれてから死ぬまで生涯を通して、他者との関係の中で自分が何者なのかを見出して行きます(赤ちゃんは親や兄弟との関係で、子どもは友達との関係で、成人も社会の関係で)。しかし、聖書は、私たちは神様との関係に入る時に、自分が真に何者なのか知ることができると教えています。神様は私たちを知り、私たちを愛し求めておられます。神様と共に歩むなら幸いです。幼稚園でお会いできないのが寂しいですが、再会の時を楽しみに待っています。
川井信雄

 3月の休園から数えると、休み期間も2ヶ月に迫ろうとしています。それぞれのご家庭で感染防止に努めながら、工夫された毎日を過ごされていることと思います。ニュースでは、通信教育会社の契約が一気に伸びたという話題や、お家で子どもと一緒にお菓子作りをする人が増えたので、小麦粉がたくさん売れていることなどが報道されていました。大人は「今は我慢の時」とじっとしていること、活動しないでいるということができますが、子どもたちは日々自分自身をつくっている真っ直中です。それはどんな時にも変わりませんし、そこには進まずにはいられない躍動感があります。先のニュースもこの厳しい状況の中でもその躍動感をできるだけ発揮させてあげたいと、大人達が工夫し動かれている表れだと感じます。
 幼稚園でも、おうちでの時間が少しでも楽しいときになればと願い「おうちであそぼうDVD」を制作しました。撮影は交代勤務の先生方が、少しずつ撮りためて行いました。歌を歌ったり、体操したり、工作をしたりする私達ですが、そこに子ども達やお家の方々がいないことはなんとも寂しく、雲をつかむような作業でした。けれど先生方は口々に、「○○君が喜びそう」「これは△ちゃん恥ずかしがるかもしれないね」「これ大変〜ってお母さん方が言うかもね」と子どもたちやお家の方々の話をしながら作っていました。子どもたちのためにと始めた撮影ですが、今回の撮影は私達教職員にとっても、子どもたちやご家庭との繋がりを確認し、温かく感じ、保育再開に希望を持つひとときとなりました。今しばらくの工夫の時ですがそれぞれの場で子ども達の躍動感を支えていきましょう。お家の方々の上に主の労がありますようお祈りしています。
大谷真理子

Copyright(c)2006 Yurigaoka Megumi Kindergarten. All Rights Reserved.