ごあいさつ
  園の紹介
  園の生活
  保育だより
 園歌
 幼稚園 Q&A
 アクセス
  園児募集情報
  子育て支援
 ママ&パパの声
  リンク
めぐみ 12

主題 主題 :讃美
聖句 きょうダビデの町に、あなたがたのために救い主がお生まれになった。このかたこそ主な
るキリストである。(ルカ2:11)

 今年もいよいよクリスマスが近づいてきました。この時期、子どもたちもクリスマス・イルミネーションやケーキ、 プレゼントなど、心を弾ませていることでしょう。クリスマスの本当の意味に思いを寄せたいと思います。
 世界で最初のクリスマスの日、 御使いは羊の群れの番をしていた羊飼いたちに大きな喜びの知らせを伝えました。どんな知らせだったのでしょう?それは救主のご降誕の告知でした。 この知らせを受けた羊飼いたちはすぐに救主に出会いに出かけます。そして、当時、人口調査によって多くの人々で賑わっていたベツレヘムの町で、 諦めずに、繰り返し、救い主を捜し続けたようです。やっとのことで救主を捜しあてると、大きな喜びの知らせが、彼らの心の中で大きな喜びとなったの でした(20)。なぜ、神様は、救主のご降誕を世界で最初に伝える人々として、当時、社会的に見下げられていた羊飼いを選ばれたのでしょう。それは、 救主のご降誕が、社会的な身分に関わらず、人々を罪から救うためであったからです(マタイ1:21)。羊飼いたちは神様を讃美しながら帰っていきました。
 幼稚園もアドベント(待降節)に入りました。クリスマスの時期は、パーティーやイベントなどで忙しくなりやすいかもしれません。しかし、 イエス様のご降誕が私たちのためであったことを覚えましょう。そして、私たちの心の中でも、この大きな知らせが、大きな喜びとされたいですね。 クリスマスの時期、幼稚園ではイエス様のご降誕を讃美する声が響き渡ります。共に神様に「讃美」を捧げましょう。
川井信雄

 今年のお芋掘りは本当に大収穫で、各クラスおやつを作っては、さつま芋料理を堪能し、 カレーの日には皆で力を合わせて作ったカレーに舌鼓、そうこうしている内に『めぐみ幼稚園食欲の秋』は無事に?過ぎ去りいよいよ師走となります。
  先日は各クラス共にクラス会が持たれ、皆様と充実のひと時を共有できましたことを感謝しています。どのクラスもこの2学期の子ども達の成長振りを 確認し合う時となったこととも思います。
 さて、今日の合同礼拝よりアドベントクランツにロウソクが一本灯され、クリスマスのお話が始まりました。 先日まではクリスマスツリーに喜んだり、サンタさんやプレゼントの話に花が咲いていた子ども達が静かにご降誕の話に耳を傾けていました。 今ではどのクラスの子もクリスマスが何の日であるのか答えることが出来ます。クリスマスはイエス様のお誕生日です。どのようにしてお祝いをしようか とこれから子どもたちと考えて行きたいと思います。ゆり組さんはクリスマスに降誕劇をするのがめぐみ幼稚園の慣わし。既に一足早く準備に取り掛かって いたようで、昨日には降誕劇の配役が決まったようです。イエス様が私達の罪のためにこの世に生まれてくださったことを人々に劇を通して伝えるのが ゆり組さんの大切なお仕事です。どの役柄も劇には欠かすことの出来ない大切な存在。そのことを心に留めてゆりさんはこれから練習に入っていきます。 これからの日々が守られ、素晴らしい劇をお捧げできるようにと祈りつつ、当日の晴れ舞台を楽しみに待ちたいと思います。
  クリスマス会を持ちまして2学期終了となります。今学期も沢山のお支えに感謝致します。どうぞ良いお年をお迎え下さい。
福原由紀
  

Copyright(c)2006 Yurigaoka Megumi Kindergarten. All Rights Reserved.