ごあいさつ
  園の紹介
  園の生活
  保育だより
 
 園歌
 幼稚園 Q&A
 アクセス
 
  園児募集情報
  子育て支援
 ママ&パパの声
 
  リンク
〒215-0011
神奈川県川崎市
麻生区百合丘 1-12
TEL/FAX 044-954-4665
めぐみ 12

主題 喜ぶ
聖句 きょうダビデの町に、あなたがたのために救い主がお生まれになった。このかたこそ主なるキリストである。(ルカ2:11)

 今年もクリスマスが近づいてきました。幼稚園ではアドベント(待降節)に入りました。アドベントには「来る」という意味があります。それはイエス様がこの世に来られたご降誕を覚えつつ過ごす期間です。
 二千年前、世界で最初のクリスマスに、御使いがベツレヘムの町の外で羊の群れの番をしていた羊飼いたちに大きな喜びを伝えました。それは救主の誕生の知らせでした。羊飼いたちはすぐに救主に出会いに出かけることに決めました。当時、人口調査によって多くの人々で賑わっていたベツレヘムの町で、彼らは、諦めずに、繰り返し捜し続け、やっとのことで救主に出会えました。その時、彼らの心の中には大きな喜びが生まれたのです(20)。なぜ、神様は、当時、社会的に見下げられていた羊飼いに、救主のご降誕を世界で最初に伝えたのでしょう?それは救主のご降誕が、社会的な身分に関わらず、人々を罪から救うためだったからです(マタイ1:21)。羊飼いたちは神様を讃美しながら帰っていきました。
 クリスマスの時期はイルミネーションやケーキ、プレゼントなどで私たちの心も弾みます。そのような中で、イエス様のご降誕が私たちのためであったことをぜひ覚えたいです。神様は、私たちの心の中でもイエス様のご降誕が大きな喜びとなることを願っておられます。幼稚園ではイエス様のご降誕を讃美する声が響き渡ります。共に喜びの讃美を神様に捧げつつ、イエス様のご降誕をお祝いするクリスマスを待ち望んで日々過ごしましょう。
川井信雄

 先日、園時礼拝の中でツリーの飾り付けを行いました。みんな何個も何個ももみの木にキラキラのガラス玉や松ぼっくりの飾りをぶら下げてくれて本当に嬉しそうでした。玄関にも大きなツリーが登場し、塀もライトアップ。すっかりクリスマスの準備が出来ました。イエス様のご降誕を心待ちにするアドベントの時、各クラスではアドベントカレンダーをめくり、合同礼拝ではクランツに毎週1本ずつ、火が灯されていきます。わくわくするのは、嬉しいのは何故なのか、子ども達はしっかりと聞いて心に留めてくれたようです。初めクリスマスはサンタさんが来る日、ケーキを食べる日、プレゼントがもらえる日と言っていた子ども達ですが、今では皆イエス様の誕生日と答えてくれます。さらに、イエス様の誕生日が何故自分に関係があるのかと言うことについて、ゆり組の子ども達が降誕劇を通して皆様にお伝えしようと取り組み始めました。先日は役決めも行われ、目立つ役、台詞が多い方が良いわけではない、どの役も大切であり、もしもなりたい役になれなかったとしても、任された役を頑張ることがイエス様の喜ばれることであると理解してその時を過ごしました。複雑な気持ちになった子もいましたが、それぞれが自分なりに納得して先に進むことが出来たことを目の当たりにし、体だけでなく、心も豊かに成長していることを感じさせられました。他クラスもそれぞれイエス様のお祝いに何か素敵なことをしようと計画が立てられています。当日はご家族皆様でクリスマスのお祝いが出来ますようにと心から願っています。2学期も残すところ僅かとなって参りました。お支えに心から感謝し、来る年も恵みに満ちた日々でありますようお祈り致します。
福原由紀

Copyright(c)2006 Yurigaoka Megumi Kindergarten. All Rights Reserved.