ごあいさつ
  園の紹介
  園の生活
  保育だより
 園歌
 幼稚園 Q&A
 アクセス
  園児募集情報
  子育て支援
 ママ&パパの声
  リンク
〒215-0011
神奈川県川崎市
麻生区百合丘 1-12
TEL/FAX 044-954-4665
めぐみ 10

主題 動く
聖句 わたしは植え、アポロは水をそそいだ。しかし成長させてくださるのは、神である。 (コリントT13:6)

 2千年前、パウロはコリントの町で教会を立ち上げました。その後、アポロが教会でイエス様について教えました。ところが教会では、パウロか、アポロかと分派ができるようになりました。そこで、パウロは人々の目を、自分やアポロではなく、神様に向けようとしました。「わたしは植え、アポロは水をそそいだ。しかし成長させて下さるのは、神である。だから、植える者も水をそそぐ者も、ともに取るに足りない。大事なのは、成長させて下さる神のみである。」(1コリント3:6-7)
 先日、アメリカから宣教チームが園児たちとクラフトで遊んでくれました。一つのクラフトでは、園児たちは、様々な色のスタンプで自分の指紋をたくさん押してできたしおりを作りました。最後に宣教チームがこのしおりに込められている意味を話してくれました。みんな異なる指紋を持っている。私の指紋は世界で唯一の指紋!同じように、神様は私たち一人一人をユニークに(特別に)造って下さった。私は、神様が愛して下さっている世界で唯一の私!
 これは、神様が子どもたちに異なる成長のペースを与えて下さっていることも意味するでしょう。2学期には、園児たちはそれぞれに神様から与えられている力をもって様々なことに「取りくみ」ます。様々な遊びの中で、神様から与えられている力を体一杯使って楽しんで欲しいです。皆様も「子育て」という世界で最も大切な働きの一つを担われています。子育てにおいて、植える者も、水をそそぐ者も、子どもたちをそれぞれのペースで成長させてくださる神様を信頼しながら歩みましょう。
川井信雄

 明日は運動会本番。この原稿を打ちながらお天気の心配をしています。子ども達が楽しみに、沢山の準備をしてきた運動会、是非無事に行いたいものです。今年のゆりさんも、やはり障害物競走はやりたいと思っていたようです。例年の様子をちゃんと見ているのですね。担任の先生が話す前から、縄跳び、ボール、跳び箱、邪魔をする濱上先生を用意したいと言っていたそうです。そして間もなくしてそれぞれの自主練が始まりました。夢中で跳び箱を繰り返す子、どうせできないと先ずは尻込みする子、友達に誘われてやってみようという気になった子、それぞれ取り組みのきっかけがあり、先生方も適切な援助を心掛けて来ましたが、今日になってまた新たに、跳び箱が飛べたり、鉄棒が出来たりする子が増えていました。出来るようになった子達のそれはそれは自信に満ちた顔。もちろんまだ出来ないでいる子もいますが、出来るようになることだけが目的ではなく、そこに向き合い、自ら取り組み、努力を重ねた、ということに大きな意義があると思います。その経験はきっと、この先に必要な力に繋がることでしょう。ゆりさんのしている事は直ぐに小さいお友達にも伝わります。さくらさんでも跳び箱や、鉄棒が出来るようになった子がいて、友達から受ける刺激の大切さを感じさせられました。明日の本番、お手伝いをよろしくお願い致します。そして競技の参加もご協力ください。お家の皆さんの活躍する姿はまた子ども達にとっての良い刺激となり、ずっと忘れることのない良い思い出となることでしょう。皆で運動会を思いっきり楽しみましょう。毎年ながらちゅうりっぷさんの可愛らしい姿に期待大です。(どんなハプニングが見られることか…!?)運動会委員さん始めご奉仕下さるご家庭の皆様に感謝致します。
福原由紀
      
Copyright(c)2006 Yurigaoka Megumi Kindergarten. All Rights Reserved.