ごあいさつ
  園の紹介
  園の生活
  保育だより
 
 園歌
 幼稚園 Q&A
 アクセス
 
  園児募集情報
  子育て支援
 ママ&パパの声
 
  リンク
〒215-0011
神奈川県川崎市
麻生区百合丘 1-12
TEL/FAX 044-954-4665
めぐみ 1

主題 じっくりと
聖句 神は愛です。(Tヨハネ4:16)

 新年おめでとうございます。今月の聖句は教会の「愛なり号」に英語で「GOD IS LOVE」と記されているものです。「神の愛」は無条件の、犠牲的な愛です。「私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、宥めのささげ物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。」(1ヨハネ4:10)また、一方的な愛です。「私たちは愛しています。神がまず私たちを愛してくださったからです。」(同4:19)イエス様はこの「神の愛」をもって「あなたの隣人を自分自身のように愛しなさい」と教えました(マタイ22:39)。「自分を愛する」とは自己中心的・利己的な愛のことではありません。神に愛されている者として自分自身を受け入れることです。そして、その時、初めて、神の愛をもって「隣人を愛する」こともできるようになります。自分に注がれている神の愛が、隣人にも注がれていることを知るからです。そして、神の愛をもって、ありのままの自分自身を受けいれるように、ありのままの隣人をも受けいれることができるようになるのです。
 私たちは自分自身や隣人をありのままに受け入れることに困難を覚えることがあるのではないでしょうか?それは愛する条件を自分や隣人に設けてしまうからかもしれません。そして、良い人にならなければ、神に受け入れてもらえないとさえ考えてしまうのです。私たちは何と神の無条件の、犠牲的な、一方的な愛を必要としていることでしょう。神の愛を受け取りつつ、この一年も互いに愛し合って「じっくりと」歩みたいですね。今年もよろしくお願い致します。
川井信雄

 新年おめでとうございます。年末年始と冬晴れが続き、凛とした空気の中晴れやかな年明けとなりました。厳しい状況は続いていますが、この冬晴れの空のように晴れ晴れとした日常がやってくることを信じ、期待をもって過ごす1年となるようにと願っています。
 幼稚園ではこの時期、お正月にちなんだ様々な伝承遊びが繰り広げられます。羽根つき、コマ回し、凧揚げ、ぽっくり、百人一首…昔から日本で親しまれてきた遊びです。これらの遊びは子ども達を熱中させます。それはどれも「技」が必要な遊びだからです。羽をつく時の手と目の連動するタイミング、力加減。コマ回しの紐巻きに必要な手の動き、投げる向き、強さ、巻き方との関連への気づき。見えない風向きを感じ利用する凧あげ、短歌の抑揚や文字への興味。どれも繰り返して楽しむ中で覚え、コツを掴み、体に刻み込んでいく遊びです。できるようになるまでにはイライラしたり、飽きてしまったりすることもあるのですが、子ども達は何度でもチャレンジします。自分の持っている力を最大限発揮したい、伸ばしたいという内からの力に溢れているからです。そしてできるようになった時の喜びで次への意欲がわき、粘り強さを体得します。またこれらの遊びは伝わる遊びです。大人から子どもへ、友達から友達へ…その中で相手のすごいところ、頑張る姿、得意なこと、苦手なことを感じ思を寄せていくようになります。すぐに結果が出る、すぐに楽しさを感じることを求めるようになった現代、手の技を使い、心を寄せて楽しむ遊びの価値がより高まっているように思います。どうぞこの時期、ご家庭でも楽しんでみてください。素敵な子ども達の姿に出会えるかもしれません。そして、楽しいステイホームの助けにもなるとも思います。
大谷真理子


Copyright(c)2006 Yurigaoka Megumi Kindergarten. All Rights Reserved.